ヌビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(ベラ ジョン カジノ 大 勝ち)』
ヌビア

ヌビア (Nubia) は、エジプト南部アスワンあたりからスーダンにかけての地方の名称。古代エジプト語のヌブ(金)から古代ギリシアローマ人がそう呼んだのが始まり。アラビア語ではヌーバ。 ヌビア語レプシウスにより「黒人との混血」、ライニシュにより「原ハム語」、ヴェステルマンにより「スーダン系」とされてきたが、 グリーンバーグ以降ナイル・サハラ語族 東スーダン語派 英語版 とされている [1]

もともとエジプトとヌビアは同一の祖先から別れた国であった。ヌビアは古代からなどの鉱物資源に恵まれ、エジプトにとって重要な役割を担ってきた。現在では本来の文化や風貌など、古代以降にギリシャ人ローマ人移民が流入し続けたエジプトとは異なる独自性を残している。中世以降アラブ・イスラム帝国の隆盛により現代 ヌビア人 英語版 はかなりにおいて「アラブ系」に同化している。現在は北部の一部がエジプト領、残りはスーダン共和国領である。

ヌビア遺跡群は 1979年世界遺産に登録された。

ロッシーニのオペラ「リッチャルドとゾライデ」が中世十字軍時代のヌビア地方の中心地ドンゴラを舞台とした物語となっている。

歴史 [ 編集 ]

脚註 [ 編集 ]

  1. ^ Nancy C. Dorian, Investigating Obsolescence: Studies in Language Contraction and Death, p.91, Cambridge University Press, 1992.

関連項目 [ 編集 ]